現実にパソコンの。前に座りいつも上がったり下がったりしている為替相場を見てしまうと、どことなく売買をしなくてはいられないという衝動が生まれる場合も多いと思います。しかしながら、ぼんやりした思いでトレードすることは、避ける必要があります。知っての通り、マーケットは24時間常にいずれかで為替相場がやっているし相場も常時、変化しています。とは言っても、売買をしているとその分損をする危険性が増します。当たり前ですが、エントリーの数を積む事で稼げる可能性が半々になるのは周知の通りです。けれどもその事実は「漠然とした感覚で売り買い」とは別の問題です。取引回数を増やすとは、「ここで勝負」と考え付いた機会を持ったところでのエントリー回数を増やすという意味である。格段の理由がなく、連続して取引を積み重ねるのとは異なります。為替相場の駆け引きに敗北しないためには、己で意識的にけじめをつけることこそが必要です。「ここがチャンス」と思った市場の時には覚悟を決めて所有ポジションを増やして覚悟を決めて利益を追求する。「難しい相場で、どう推移するのか読めないな」と思ったならば、思い切って所有ポジションをひとつも残さないで閉じて静観します。これぐらいのけじめがあったほうが、結果的に取引は勝利します。外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通り。相場とは何も常に売買ポジションを所持する事が重要ではなく売買ポジションを保有せず静観していることも場合によっては、FXです。では、どういう時に休むべきなのでしょうか。最初に言われるのが前述の通り、現在の外国為替相場がはっきりと分からない時です。そこから円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は、分からないまま行動すると、自身の思ったシナリオとは異なった方向に外国為替相場が変化してしまい、損をする事になります。そのため、そうした時はポジションを減らしてそのまま様子をみるのがいいでしょう。第2に、体の調子が変なときです。体の調子と為替相場に関係しないと感じる人もいるだろうが。思いのほかつながりがあります。コンディションがよくなければ、外国為替相場の失敗できない場面で、落ち着いた決断が出来ない場合が多くなります。やる気がわかない時は取引から遠ざかる事も大事な事です。