ローンの利子がどこも似ているのは分かっている事ともいえますが、実は、利息制限法と言う規則によりMAXの利息が設けられているためです。クリアネオパール すそワキガ

貸金業者などはそれらの法律の限度範囲内で定めているので、似た中でも差があるようなローンサービスを提供しているのです。レモンもつ鍋

それではその利息制限法とはどのようなものなのか見ていきましょう。クラチャイダム

まず上限利息ですが、10万円未満のローンには20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は15%、までとなっていて、その枠を超す利率分は無効となるのです。本命卦 桃花方位

無効とは支払う必要がないってことです。

それでも昔は25%以上の利子で契約する貸金業がほとんどでした。

その理由は利息制限法に反しても罰則の法律が存在しなかったからです。

さらに言えば出資法による制限の年間29.2%の金利が許されていて、その出資法を盾に改められることは無かったのです。

この利息制限法と出資法の間の金利の差の部分が「グレーゾーン」と言われるものです。

出資法には罰則が有ります。

この法の上限利息の範囲は超えないようにきたのですが、この出資法を適用する為には「ローンを受けた者が自己判断でお金を支払った」という前提があります。

今日、頻繁にとりざたされる過払い請求はこのグレーゾーンの利率分を過払いとして返済を求める申し出です。

裁判でも出資法の前提が承認されることは大半はなく、請求が通る事が多いはずです。

今では出資法の上限範囲の利息も利息制限法と一つにまとめられ、このことで金融会社の利率も大差がないようになっているようです。

万が一この事を知らずに、最大の利息を超える契約をしてしまっても、契約そのものがないものとなりますので、上限範囲の利息以上の利息を返却する必要はありません。

それでも今だキャッシュバックを求める際には弁護士か司法書士に相談しましょう。

それでキャッシュバックを求めることはなくなると思います。